企業概要

創業

1954年

設立

1962年 10月 27日 (組織変更 1977年 2月 18日)

代表取締役

鳥居照子

所在地

〒930-0952 富山県富山市町村122

資本金

4,200万円

従業員数

20名

事業内容

テラゾタイル及びブロック・カラー平板
コンクリートニ次製品の製造販売

主要取引
金融機関

北陸銀行清水町支店
富山信用金庫本店 各位様

主要取引先

クリヤマ(株)  (株)佐渡島
太平洋プレコンエ業(株)吉田石材工業(株)
各位様(あいうえお順にて)

製造品目

テラゾタイル・テラゾブロック
舗装用コンクリート平板・ノンスリップタイル
その他コンクリート二次製品

工場敷地面積

6,480 平方メートル

建物床面積

延べ 3,414 平方メートル

日産数量

テラゾタイル400平方メートルに換算して150平方メートル/日

設備

セメントサイロ/3基・ロータリー自動成形機/2台
ロータリー研磨機/3台
手動研磨機/2台・自動研磨機/2台
切断機/2台・ 蒸気養生室/50平方メートル・フォークリフト/5台
ショベルローダー/1台・ホイルローダー/1台・ミニショベル/1台

試験設備

圧縮試験機(100t)/1台・曲げ試験機(15t)/1台
コンクリート試験器具/1式

沿革

昭和 24年

富山市五番町にて、コンクリート二次製品の製造を個人経営として開業

昭和 33年

富山市町村に、土地500坪を購入し工場を新設

昭和 36年

同場所にて、土地1,500坪を購入し、合わせて2,000坪となる。個人企業より、有限会社鳥居セメント工業所となり、資本金300万円として出発

昭和 39年

空洞コンクリートブロックにて、JIS指定工場となる

昭和 42年

富山市五番町の本社を新築

昭和 45年

資本金300万円を500万円に増資

昭和 46年

テラゾタイル、及び舗装用コンクリート平板の製造開始

昭和 51年

資本金500万円を1,600万円に増資し、有限会社鳥居セメント工業所より、株式会社鳥居セメント工業となる

昭和 52年

資本金1,600万円を2,100万円に増資

昭和 60年

テラゾブロックの製造開始

昭和 62年

資本金2,100万円を4,200万円に増資

平成 2年

建材部門を、五番町において分離独立させ、本社住所を五番町より町村へ変更

平成 4年

空洞コンクリートブロック製造中止につき、JIS表示許可を辞退する

平成 10年

モルタル製ノンスリップタイルの製造開始

平成 16年

JR東日本旅客鉄道株式会社様 開発、“骨材露出型タイル”製造指定工場となり、製造開始

アクセスマップ